スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術レポート

12月1日に手術したすず。すっかり元気になりました



午前0時~  断食

手術前は食事をとってはいけないので、お皿ごと片づけ。

すずはドライフードをあげても一度に食べず、気が向いたときに少しずつ食べるタイプ。夜中におなかがすいてしまったようです。

朝、いつもお皿があるあたりをうろうろして、こぼれていたドライフードを1粒見つけて食べてました。



午前6時~  断水

水飲み用のボウルも片付け。

でも、いつものように蛇口をペロペロしてたので少し飲んでたかも。



午前11時  病院へ

一緒に病院へ。

「気になることがなければ、そのままお預かりします」ということで、診察は受けず預けてきました。

すずは病院の待合室にいたプードルに夢中。

「すず、がんばって!あとで迎えにくるからね!」と言っても振り向いてもらえず



午後4時  病院へ電話

院長先生から「無事終わって、もう起きてますよ~」と言われ、ひと安心。

仕事を片づけて6時に迎えに行くことに。



午後6時  お迎え

院長先生から説明を受けていたら、看護師さんに抱っこされてすずがやってきました。ずっと鳴いていたのか声が枯れぎみ。ぐったりしているかと思ったら意外に元気そうで、普段あまり鳴かない子なのに病院では鳴きっぱなし。

傷口は1センチくらい。黒い糸で縫ってあります。点滴が効いているから痛みはないそうです。傷口が小さいのでエリザベスカラーなし。1週間後に抜糸です。術後1週間は粉薬を飲みます。

院長先生いわく、「2、3日は精神的に少し凹んでるかもしれないけど、それ以降は元どおりになりますよ」とのこと。



午後7時  帰宅

まだ麻酔が効いているのか、後ろ足がふらふら。

それでも普通にトイレに行って、缶詰を食べました。先生から、「今日は食欲ないかもしれないから、その場合は寝かせてあげてください」と言われていたので、食欲があって安心しました。

でもやはり落ち着きなく挙動不審。家の中をうろうろ歩きまわっていました。クローゼットの中で少し眠って、出てきたときにはだいぶ落ち着いたみたいで、膝に乗ってそのまま寝てしまいました。

夜にはいつもどおり、ベッドにもぐりこんでゴロゴロ言いながら就寝





DSCF1457

翌日にはすっかり元気に



キャットタワーに登ったり、おもちゃで遊んだり、見ている方がドキドキします。





DSCF1458

傷口のわりに、おなかの毛をだいぶ剃られています。



うっすらピンク色。

ぷにぷにしていて、お餅みたい





今日はますます元気になって、朝からおもちゃを持って起こしに来ました。



抜糸が終わったら、ご褒美のキャットタワー買ってあげます
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。